TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 電気治療器として使われている干渉治療器について

電気治療器として使われている干渉治療器について

2013.11.13 | Category: 未分類

効果
コリ、むくみ、腰痛、五十肩、関節痛、捻挫、
骨折後療、神経マヒ、椎間板ヘルニア、
筋肉の緊張緩和

腰痛、肩こり、筋肉痛

筋肉や神経に電気刺激を与えることで、
鎮痛効果ならびに血行を促進し疲労を
回復させます。

皮膚表面の不快感が少なく、皮下組織に
十分な刺激を与えることができ、さらに
領域の広い範囲で周波数を変化させるため、
身体の表面から深部の筋肉まで効果的で
心地よい治療を行います。

当院へのアクセス情報

まりん鍼灸整骨院

所在地〒270-0163 千葉県流山市南流山2-23-9 松影ビル1階
駐車場3台あり
予約予約優先(お電話にてご予約をしていただけます)
電話番号04-7150-8580
休診日水曜日 休診
院長生井光博